@IP電話
@IP電話
IP電話Q&A
IP電話Q&A
IP電話ってサッパリわからない!「電話機はどうするの?」「電話番号はどうなっちゃうの?」そんな疑問もスッキリ解消!@IP電話が、わかりやすくお答えします。
Q
IP電話は一般加入電話と一緒に使えるの?
A
ほとんどの場合において一緒に使うことができます(併用する場合は優先的にIP電話から発信します)。併用するメリットとして、緊急電話が使えるなど、IP電話からではかけられない番号にかけられることが挙げられます。そのような場合には、頭に「0000」をつけてダイヤルすることで一般加入電話から発信できます。 ただ、一緒に使う場合は一般加入電話の基本使用料などが別途で必要となります。また、IP電話と一般加入電話では通話料が異なるので、うまく使い分けましょう。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
IP電話にしたら電話番号が変わっちゃうの?
A
今までの電話番号が変わるわけではありません。IP電話にすると、現在の電話番号に加え、IP電話専用の050のつく電話番号を新しくもらうことができます。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
電話機は今のままでもOK?
A
今使っている電話機が使えます。IP電話対応モデムに接続するだけで、簡単にIP電話が使えます。IP電話対応モデムは契約したプロバイダからレンタルします。また、最近ではIP電話に特化したIP電話専用の電話機も販売されています。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
IP電話同士だと通話料が無料って本当なの?
A
相手の加入しているプロバイダのプランが同じ提携グループ同士であれば無料で通話ができます。同じ提携グループとは、IP電話基盤事業者(NTTコミュニケーションズや日本テレコム、KDDIなどIP電話のためのネットワーク技術を提供している事業者)が同じであるということです。詳細は各プロバイダのホームページをご覧下さい。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
通話品質は大丈夫?
A
通話品質は一般加入電話と同じくらい良いといえます。ただし、ネットワークの混雑状況により、通話品質が一時的に悪くなる可能性があります。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
IP電話と一般加入電話の違いって何?
A
もともとの通信方法が異なります。一般加入電話は、電話回線を使っているので、地域ごとに設置されてある交換機を通して料金が加算されます。そのため、距離に応じて料金も高くなってしまうというデメリットがあります。その点、IP電話であればインターネットを使って通話するので、地域ごとの交換機を通さず一定料金で通話することができます。また、同じ提携グループ同士であれば無料で通話することも可能です。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
かけられない番号があるって聞いたんだけど?
A
今現在、110番や119番などの緊急電話番号にはかけられません(一部、プロバイダを除く)。他にも0120(フリーダイヤル)や104(番号案内)などのNTTの付加サービスへの通話はできません。一般加入電話と併用している場合は、頭に「0000」をつけることで一般加入電話から発信できます。緊急電話は携帯電話からでもかけることができるので、不安に感じることはほとんどないでしょう。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
IP電話でFAXの送受信ってできる?
A

多くのプロバイダにおいて、家庭用のFAX機であればほとんど問題なく送受信できます。ただし、確実にFAXできるという保証はなされていない場合が多いので、事前にFAXメーカーや各プロバイダに直接問い合わせることをおすすめします。

  ▲ページの先頭に戻る
Q
インターネットとIP電話を同時に使いたいんだけど?
A
同時に利用できます。ただし、ネットワークの混雑状況によっては通話品質に影響がでることもあります。
  ▲ページの先頭に戻る
Q
携帯電話・PHSにもかけられる?
A

かけられます。IP電話から携帯電話への通話料は、だいたい18円前後です(各プロバイダによって通話料は異なります)。携帯電話会社と同じ会社のプロバイダであれば通話料は割安です。比較検討して自分にピッタリのプロバイダを選びましょう。

  ▲ページの先頭に戻る
メニューspace
メニュー
オススメのIP電話
IP電話って何?
IP電話のいいところ
IP電話のしくみ
料金を比較してみよう
本当にIP電話っていいの?
IP電話の時代が来る!?
IP電話Q&A
トップに戻る
メニュー
メニューspace
運営会社
運営会社
お問い合わせ
広告掲載のご案内
プライバシーポリシー・免責事項
利用規約
リンク
メニュー
@IP電話
@IP電話