@IP電話
@IP電話
IP電話って本当にいいの?
IP電話って本当にいいの?
 全国一律、とにかく安いIP電話ですが、本当にいいことばかりなのでしょうか?ここでは、IP電話の導入を迷っている方の参考のためにも、意外と見過ごされがちなデメリットをあえて考えてみましょう。
携帯電話への通話はそれほど格安にはならない
 固定電話への通話ならば割安感のあるIP電話ですが、携帯電話へかける場合は、一般加入電話でも割高になるのと同じように、IP電話でも少し高く感じるかもしれません。今のところ1分18円前後が多いようですが、プロバイダによってはかけた相手の携帯電話会社によって料金が違ってくる場合もあります。しかし、それでも総合的にみれば、一般加入電話に比べれば安い料金設定といえるでしょう。 またファックスの送受信については、一般の家庭で使用するFAX機であれば、特に問題なく利用できます。ただし、プロバイダによっては利用できない場合もありますので、確認が必要です。
110番や119番にかけられない
 IP電話は、使い勝手が今までとほとんど同じなので、つい普通の固定電話として扱ってしまいがちですが、110番や119番などの緊急電話番号にはまだかけられない場合があります。他に104(番号案内)や106(コレクトコール)、0120(フリーダイヤル)などNTTの付加サービスへの通話も対象。ただ、一部プロバイダでは対応しているものもあり、将来的には改善される予定です。
■ IP電話からかけられない主な番号
緊急電話番号
NTTの付加サービス
110
119
104
(番号案内)
106
(コレクトコール)
0120
(フリーダイヤル)
その他NTTの付加サービス
そのような場合には、一般加入電話と共用している場合であれば、番号のあたまに「0000」と0を4つつけてダイヤルすれば、一般加入電話としてかけることができるため、問題はありません。ただ、110番や119番ができないとはいっても、携帯電話からの発信は可能ですから、IP電話と携帯電話を併用しているのであれば、それほど不安を感じることはないかと思われます。
※ナンバーディスプレイや184の非通知発信はIP電話でも可能です。
IP電話から緊急電話番号・NTT付加サービスへのかけ方
プロバイダを変えたり、引越しをしたりした場合
 IP電話は携帯電話のように、各プロバイダによってサービスの内容なども異なります。したがって、今現在契約しているプロバイダを変更してしまえば、それに伴って「050」の番号も変わることになってしまいます。また、プロバイダは変えなくても引越しをした場合などにも、番号が変わったり、多少お金がかかってしまったり、いったん解約して契約しなおす必要があったりと、各プロバイダによって様々ではありますが、いくらかの不便は感じてしまうかもしれません。 しかし現在でも、引越しをしても番号が変わらないプロバイダはありますし、さらに今後は携帯電話と同様、電話会社やプロバイダをかえても番号が変わらない「番号ポータビリティ」が進んでいくと思われます。
 
決め手はライフスタイル
 IP電話にもメリット・デメリットがそれぞれあり、現在ブロードバンド環境にある方の中にはIP電話を導入するかどうかで迷っている方もいるのではないでしょうか? 導入するかどうか検討する際には、自分や家族が電話をどのように、どのくらい利用するかを考えてみましょう!
国際電話や遠距離電話、長電話が多い人
IP電話がお得!一般加入電話と比べ通話料が安く、さらに全国一律料金。国際電話に至っては、大きな差が出る場合も。

特定の相手とよく話す
無料通話のできる条件を確認した上でのIP電話の導入が賢い選択!

近距離通話のみが多い
一般加入電話に比べれば割安。でも、忙しくて電話なんてあまり使わない!という人などは、IP電話よりも各電話会社のサービスを利用したほうが安くなるケースもあり。

現在ブロードバンド環境がなく、インターネットを始める予定がない
IP電話だけのためにブロードバンドにかかる初期費用や月額の基本料を支払う必要はないでしょう。

これからADSLやFTTH(光ファイバー)などブロードバンド環境の導入を考えている
基本料・通話料ともに安上がりのIP電話導入を一度検討してみる価値あり。特に電話は携帯しか持ってないという人なら、なおさらです!

メニューspace
メニュー
オススメのIP電話
IP電話って何?
IP電話のいいところ
IP電話のしくみ
料金を比較してみよう
本当にIP電話っていいの?
IP電話の時代が来る!?
IP電話Q&A
トップに戻る
メニュー
メニューspace
運営会社
運営会社
お問い合わせ
広告掲載のご案内
プライバシーポリシー・免責事項
利用規約
リンク
メニュー
@IP電話
@IP電話